スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
脱臼
20日の水曜日の夜でした。

いつもどおり帰宅した私。
いつもならノエピー達は、私が柵を外すとすっ飛んでリビングに入ってくるのに、この日はノエルだけ。
あれ?ピーちゃんは?
と思って見てみると、ピンクのベッドに横たわったまま。
どうした?元気ないの?と声をかけても、そのまま。

調子が悪いのか?と思い、ささみをあげると食いついてきたので、大丈夫だ・・・と思って、そのまま散歩に行ったのですが・・・

普通に歩いていたのですが、徐々に歩きたがらなくなりました。
今まで喜んで昇っていた階段も昇ろうとしない。

嫌がり始めた時点ですぐに抱っこして、そのまま帰宅。
足を拭くと、またすぐにベッドに入ってうずくまっています。

調子が悪いのかな?と思い、とりあえずご飯をあげたのですが、ご飯はちゃんと食べる。
しばらく様子を見ようか?と思い、抱っこした瞬間、物凄い悲鳴をあげはじめました。

えっ?体が痛いの?と思ったのですが、どこが痛いのか全く分からず。
暫くそっとして様子を見ようと思い、自分のご飯を作ってさあ食べよう!とソファに座ろうとしました。するとピーちゃんが歩き出そうとしていたので、あら大丈夫なのかな?と思ったら・・・

歩くたびに悲鳴をあげはじめました。
これはもう病院に連れて行った方がいい、と思い、急いで近くの夜間診療を行っている病院に電話して家を出ました。
ちなみにその病院は、緊急時と予防接種の時だけ利用しています。

私の前に急患が入っていて(私も急患だけれど)、待たされること1時間。
ようやく診察を受けましたが・・・

ピーちゃん、後足を脱臼していました。
しかも、左足は外れたままだったそうです。
今回は右足が外れて、それで痛がっていたのではとのこと。
グレードもかなり悪い状況でした。
この年齢なら、手術した方がいい・・・と言われましたが、実はピーちゃんにはもう一つ気がかりなことがあります。
それは肝臓の数値が高いのです。
数値が高いと、麻酔のリスクが大きくなります。
しかし、ここの先生。
先月受けたフィラリア検査&血液検査の数値を見て、
「この数値なら、うちなら全然問題ないですよ」
(ホントかよ?)

でも・・・
私のかかりつけの先生(避妊手術もそこでやりました)は、避妊手術の時に数値の高さを懸念していて、それ以来3ヶ月に一度血液検査を受けています。
数値は横ばい・・・

足が痛い痛いなの・・・
P5172485.jpg


その時にこの脱臼の手術の話。
どうすればいいのか・・・と頭を抱えています。
今日夕方にでも早速かかりつけの病院に行ってきます。

脱臼の事は全く無知な私。
今色々とネットで調べています。
ノエルさんなんてあの体重で脱臼しないのが不思議なくらいだったから(変な自慢?)。

もうソファを上り下りさせるのはやめよう!と思い(遅すぎましたね)、早速昨晩補助階段をオーダーしました。

結局帰ってきたのは11時過ぎ。もらった痛み止めを飲ませたので、今朝はなんともなさそうでしたが、それでも余計な動きは一切しません。
もちろん朝の散歩は私がずっと抱っこしたまま。
芝生の所で降ろすとトイレをしてくれたので、またそのまま抱っこ。

ご飯もよく食べてくれましたが、食べ終わるとすぐにベッドに戻って丸まってしまいます。

これから生活環境を改めないと・・・と思案中。
とりあえず先生と相談してきます。


恐れ入りますが、コメント欄はクローズさせて頂きます。


ランキングに参加中~♪応援クリックプリーズ♪ニコニコ。 横向き
ピーちゃんをぽちっと♪
P5172485.jpg

[2009/05/21 12:48] ワンコの日常 | @
| ホーム |

プロフィール

あっこ

Author:あっこ
三十路独身街道を驀進中。
気ままな生活を楽しんでおります。

お転婆チワワ3匹と暮らしています。

コメントのお返事は、ブログに訪問させて頂きます。
よろしくお願い致します。


3ワン達のプロフィールはこちらから。

お気に入りブログ

1日1回のクリック募金

クリック募金にご協力お願い致します♪

Policy



noleadbana1.gif

いつでも里親募集中

ワンコウォッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。