スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
ボラ=タダ?(追記)
昨日のドッグレスキューの代表の記事を読んで、本当に「保護したからor飼えなくなったから、引き取ってほしい」という依頼とともに、かかる費用の説明をすると「ボランティアなのにタダじゃないの?」と言われるとのこと

「ボランティア=タダ」ではありません!

愛護団体のほとんどは支援金で犬猫達の医療費やフード・シーツ代をまかなっている訳です。
湧いて出てくるお金ではありません。
団体の口座に振り込まれる支援金以外にも、譲渡会での募金やフリマでの支援金を得るために必死になって集めているのです。


実はお正月にいつもお世話になっているペットホテルから電話がありました。
以前ポスター掲示の御願いをしたので、代表でなく私に直接電話してきたのでしょう。
それはホテルのお客さんが黒ラブを保護したとのこと(実際は保護していませんでした)。
そちらでは引き取ってもらえるのだろうか?と。

私は以前代表がブログでその保護主さんがどこまで出来るのか・・・という記事があったのを思い出して、その方がどこまでフォロー出来るのかを聞いてみました。
彼曰く、その保護主さんの表現だと「丸投げっぽい」と・・・

実際は保護されてはいなかったので、その話は終わりましたが・・・

愛護団体は、「保護した」「飼えなくなった」といえば無償で保護してくれると思われているのですよね。
だって「ボランティア」だから。

でもその犬達が新しい里親様に引き取られるまで、どのくらいの人間とどのくらいの経費がかかるかを全く考えていないですよね。
だって「ボランティア」だから「タダ」だと思い込んでいるのだから。

代表曰く「出来ないなら手を出さない。これも一つの決断だと思います。可哀相だと言う気持ちは分かります。
だけど、ある程度までの責任が持てないのならば手を出すべきではないと思うのです。」
という考えがよく分かります。

保護した本人は愛護団体に丸投げで、保護した気分になっている・・・
おかしくありませんか?


保護された方の中では、ペット不可の住宅に住んでいてどうしても預かることが出来ない方もいるはずです。それでも愛護団体の方に任せた後でも、保護した子達が巣立っていくまで物資の支援を続けている方達もいます。でもこれって稀だそうですが・・・


以前愛護団体のHPで、「毎年「犬猫を引き取って欲しい」というご連絡をたくさんいただきますが、当団体でも保健所に収容されている犬猫を保護しているため、一般の方からお引き受けすることはできません。」と言う事が書かれているのをよく目にしました。

最初はよく分からなかったのですが、今になってその理由がはっきり分かりました。

個人で頑張っていらっしゃる保護主さんは凄いな~と改めて思います。



香川で個人の方が保護されたワンコ達の里親募集をされています。

3.jpg

詳細はこちらから。 We are looking for our new home.



illust434_thumb.gif




ヒート中のメルモ。
小さいので出血の量は少ないのですが、やはりクッションとかについてしまうんですよね。
なので、オムツをしたのですが・・・



P2161108.jpg

でかかった・・・
これでも一番小さいサイズだったんだけれど。
それに思いっきりテンション

動いているうちに、オムツの抜け殻が床にコロンと転がっていました。


珍しく一緒のカドラーに入っているピーちゃんとメルモ。
P1311073.jpg
最近は一緒に寝ています。ノエルさんが入ってくると、かなりきつそうですが(笑)








img20070730_p.gif
ランキングに参加中~♪
一人でも多くの方の目につきますように、クリックお願い致します。



ボラ=タダではない!に同意の方、クリックお願い致します
ニコニコ。 横向き
3ワンをぽちっと♪
P2071094.jpg
今日もぽちっを有難うございます音符

[2010/02/17 12:01] ボランティア | @
| ホーム |

プロフィール

あっこ

Author:あっこ
三十路独身街道を驀進中。
気ままな生活を楽しんでおります。

お転婆チワワ3匹と暮らしています。

コメントのお返事は、ブログに訪問させて頂きます。
よろしくお願い致します。


3ワン達のプロフィールはこちらから。

お気に入りブログ

1日1回のクリック募金

クリック募金にご協力お願い致します♪

Policy



noleadbana1.gif

いつでも里親募集中

ワンコウォッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。