スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
今年で10年 -ハラスがいた日々
中野孝次原作「ハラスがいた日々」という本をご存知ですか?
定年退職した子供のいない夫婦が、柴犬の子犬を飼い始め、その柴犬の一生を綴った作品です。
子供がいないから我が子のように可愛がるのですが、ある日ふと自分達よりハラスの方が確実に年を取っていっていることに気がつきます。


テレビドラマにもなったんですが、そのドラマを見ていた時私は大学1年でした。
当時いた柴犬のタロさんは2歳。
ドラマの最後でハラスが亡くなってしまった時は、ついタロさんを抱きしめて
「あんたもそういう日が来るんだよね~!」
とそんなような事を言ったと思います。


そう、この時は「そういう日」が来るとは全く思いませんでした。


でも・・・





それから10年後・・・・・・・








今日は先代柴犬のタロさんの命日です。
今年で10年目です。
早かったような長かったような・・・

PB241946.jpg



タロは友人宅で生まれた犬です。
生まれつき膝が悪く、1歳になる前に手術をしたくらいです。
それでも完治することはありませんでした。
柴犬なのに、散歩嫌い。
30分行ってもまだ足りない!と要求している二代目タロさんとえらい違いです。

おまけに先代タロさんの1年前に生まれた兄弟犬も同じく膝が悪い子ばかりでした。
「素人繁殖」の被害犬だと思います。

よく「この子の子供が見てみたい♪」なんて言う飼い主の人って多いですが、リスクも考えているんでしょうか?


PB241945.jpg


タロさんは12歳で虹の橋を渡りました。
旧ブログやここでも何度も書いてますが、私は留学中だったためタロさんの最期を看取ることが出来ませんでした。
出発まで看病してきましたが、出発する1ヶ月前には後足が完全に麻痺して前足二本だけで何とか移動していました。
とにかく頑固な犬で、不自由な体でも何とか自分のお気に入りの場所に行こうとしていました。


もう10年にもなるのに夢にも出てきません。
最期を看取れなかったから?



愛犬を亡くされた方達は、もっとしてあげたかったことがあったのに・・・と後悔されることが多いと思います。
私は「最期にそばにいてあげたかった」。
これだけです。
だってタロさんの最期は家族の話を聞いて想像する事しか出来ませんから。


いつか必ず来る愛犬との別れ。
避けたくても避けられない。

一日一日を大切にして共に過ごして行きたいですね。


二代目タロさん。
1月で7歳ですが、全然柴犬らしくありません。
うちのチワワ達が来ると、自分の家なのに一番遠慮がちです・・・顔-アリャリャ 汗
2008_0211taro0174_convert_20080214165151.jpg




まだ里親さんが見つかっていない犬猫達。
この子達も最期は本当の飼い主さんの元で一生を終えさせてあげたいですよね。


ご注文頂いている御客様。ただ今発送が遅れています。金曜日までには必ず発送いたしますので、今暫くお待ちくださいませ。
申し訳ございません


暫くコメント欄を閉じさせて頂きます。

img20070730_p.gif
ランキングに参加中~♪
一匹でも多くの犬猫達に新しい家族が見つかりますように・・・のクリックをお願い致します!
ニコニコ。 横向き
ノエピーをぽちっと♪
P9133019.jpg
今日もぽちっを有難うございます音符



[2009/11/25 09:48] メモリアル | @
| ホーム |

プロフィール

あっこ

Author:あっこ
三十路独身街道を驀進中。
気ままな生活を楽しんでおります。

お転婆チワワ3匹と暮らしています。

コメントのお返事は、ブログに訪問させて頂きます。
よろしくお願い致します。


3ワン達のプロフィールはこちらから。

お気に入りブログ

1日1回のクリック募金

クリック募金にご協力お願い致します♪

Policy



noleadbana1.gif

いつでも里親募集中

ワンコウォッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。